コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納曾利 なそり

3件 の用語解説(納曾利の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

納曾利
なそり

雅楽のなかの高麗 (こま) 楽の曲名。「納蘇利」とも書く。高麗壱越 (いちこつ) 調に属する。曲の由来は明らかでない。2人舞。2頭の竜が舞い戯れるさまをかたどったものといわれ,『双竜舞 (そうりゅうのまい) 』の別称もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

納曾利【なそり】

納蘇利とも書く。雅楽の舞楽の曲名。右方に属し,高麗楽(こまがく)を用いる。舞人は2人(時に1人)で,竜面をつけて舞い,双竜舞ともいう。破と急の部分が伝えられており,陵王の答舞としてしばしば舞われる。
→関連項目舞楽面

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なそり【納曾利】

雅楽の舞楽の曲名。高麗(こま)楽の高麗壱越(いちこつ)調。二人舞で走舞(はしりまい)(童舞として舞うこともある)。納蘇利とも書き,別名を双竜舞という。1人で舞うこともあるが,その時は一般に《落蹲(らくそん)》と呼ぶ。番舞(つがいまい)は《陵王》。この曲用の別装束,毛べりの裲襠装束(緑系)に身をつつみ,銀色の目と牙をもつ青色の面をつけて,銀色の桴(ばち)を右手に舞う。2匹の竜(雌雄の竜ともいう)がたわむれるようすを舞にしたものというが,他の高麗楽の多くと同様にその伝来については不明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

納曾利の関連キーワード延喜楽貴徳古鳥蘇狛鉾地久埴破新鳥蘇林歌狛桙新靺鞨

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

納曾利の関連情報