唐独楽(読み)トウゴマ

  • とうごま タウ‥
  • とうごま〔タウ〕
  • 唐独=楽

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 独楽(こま)の一種。竹筒を二、三寸(約六~九センチメートル)に切り、上下を木でふさぎ、胴の側面に穴をあけ、中央に細い竹の心棒を通したもの。心棒に糸をまきつけて回すと高い音を出す。ごんごんごま。半鐘ごま。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※雑俳・川傍柳(1780‐83)五「とうごまを外で廻はせと叱られる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android