唐独楽(読み)とうごま

精選版 日本国語大辞典「唐独楽」の解説

とう‐ごま タウ‥【唐独楽】

〘名〙 独楽(こま)の一種。竹筒を二、三寸(約六~九センチメートル)に切り、上下を木でふさぎ、の側面に穴をあけ、中央に細い竹の心棒を通したもの。心棒に糸をまきつけて回すと高い音を出す。ごんごんごま。半鐘ごま。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※雑俳・川傍柳(1780‐83)五「とうごまを外で廻はせと叱られる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「唐独楽」の解説

とう‐ごま〔タウ‐〕【唐独楽】

6~9センチの竹筒の上下を板でふさぎ、竹の心棒を通したこま。胴に穴があり、回転すると風が入って鳴る。ごんごん独楽

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android