唐組(読み)からくみ

精選版 日本国語大辞典「唐組」の解説

から‐くみ【唐組・

〘名〙 組紐(くみひも)の名称の一つ。二五〇玉から四五〇玉に及ぶ太目の縒糸(よりいと)をからみ合わせて、菱目(ひしめ)に組みあげる幅広の緒。多く、平緒と呼ぶ儀仗の太刀の緒に用いる。からの組。
※三代実録‐貞観一六年(874)九月一四日「而今横刀之緒。上下相同。論之物情。理不然。望請。五位已上同用
※栄花(1028‐92頃)御裳着「紐は村濃のからくみなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「唐組」の解説

唐組

日本の劇団。1988年の状況劇場の解散後、唐十郎主宰により立ち上げ。状況劇場時代と同様、仮設の赤いテント小屋(通称(あか)テント”)を設置しての唐作品の上演を中心に、地方公演も行う。旗揚げ公演は、唐の作・演出による「さすらいのジェニー」(1988年4月)。代表作に「電子城」「泥人魚」「動物園が消える日」など。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android