コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐組 カラクミ

デジタル大辞泉の解説

から‐くみ【唐組】

組紐で、ひし形に組む平組技法。また、それで組んだ(お)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

からくみ【唐組】

ひもの組み方の名。平組で、連続した菱形ひしがた模様を表す。中国から渡来した高級な組緒くみおの組み方。唐打ち。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

唐組の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門深見 重助(13代目)木之内頼仁妻鹿有利花長谷川公彦大久保鷹金井良信内藤裕敬工藤俊作稲荷卓央丸山厚人鳥山昌克深見重助羽織紐鴨鈴女泥人魚唐十郎組紐菱形組緒

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唐組の関連情報