コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐綾 カラアヤ

デジタル大辞泉の解説

から‐あや【唐×綾】

中国から伝来した綾織物。日本でその製法にならって織ったものにもいう。近世では、浮き織物のことをいった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

からあや【唐綾】

中国から渡来した綾織物。地組織と織目の方向を違えて模様を浮かせたもの。のちには日本でも織られた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の唐綾の言及

【織物】より

…また浮織物や二陪織物が需要の主力をなした結果,前代にはあまり目立たなかった,地文と上文という上下に重なる文様の構成が大きくクローズアップされ,特色ある有職文様の成立をみるに至った。
[鎌倉時代]
 鎌倉時代も京都は依然として高級織物の生産地であり,公家装束用の有職織物や宋商人のもたらした中国産の綾にならった唐綾の開発など,時代に即応した製品の生産が続けられていた。しかしその内容は,公家の無力化に比例して一層貧弱なものであったと思われる。…

※「唐綾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

唐綾の関連キーワード絡巻き染め・唐巻き染め・絡巻き染・唐巻き染赤地の錦の直垂巻き絹・巻絹表筵・上蓆魚綾・御綾卯の花威唐の綾鎧直垂唐装束唐綾威唐綾縅唐の綺鏡台魚綾奉る織物徒衣唐様浮織織目