コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐金梅所 からかね ばいしょ

1件 の用語解説(唐金梅所の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

唐金梅所 からかね-ばいしょ

1675-1739* 江戸時代中期の漢詩人。
延宝3年6月18日生まれ。和泉(いずみ)(大阪府)の人。同地の廻船・米問屋唐金家をつぐ。祇園(ぎおん)南海ら当時の文人と交流があった。朝鮮通信使と贈答した詩文が「鶏林唱和集」にはいっている。元文3年12月22日死去。64歳。本姓は食野。名は興隆。字(あざな)は孟喜。通称は喜右衛門。著作に「梅所詩稿」「垂裕堂家訓」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

唐金梅所の関連キーワード霊空中川乙由乙由中川乙由中川乙由談林十百韻光の科学史地方財政計画景清北尾重政

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone