コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐金梅所 からかね ばいしょ

1件 の用語解説(唐金梅所の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

唐金梅所 からかね-ばいしょ

1675-1739* 江戸時代中期の漢詩人。
延宝3年6月18日生まれ。和泉(いずみ)(大阪府)の人。同地の廻船・米問屋唐金家をつぐ。祇園(ぎおん)南海ら当時の文人と交流があった。朝鮮通信使と贈答した詩文が「鶏林唱和集」にはいっている。元文3年12月22日死去。64歳。本姓は食野。名は興隆。字(あざな)は孟喜。通称は喜右衛門。著作に「梅所詩稿」「垂裕堂家訓」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

唐金梅所の関連キーワード扶桑集篠本越南菅谷帰雲鈴木始卿谷麓谷独麟平井聴雨堀井軒益田鶴楼三縄桂林

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone