中川乙由(読み)なかがわ おつゆう

美術人名辞典の解説

中川乙由

江戸中期の俳人。伊勢生。中川勝久の子。通称は喜右衛門、別号に梅我・新屋・慶徳図書・麦林舎。松尾芭蕉の門に入りその後岩田凉菟に学び伊勢風俳諧の普及に努めた。画も能くした。著書は『麦林集』『続麦林集』等。元文4年(1939)歿、64才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中川乙由 なかがわ-おつゆう

1675-1739 江戸時代前期-中期の俳人。
延宝3年生まれ。材木商ののち伊勢神宮の御師(おんし)。岩田涼菟(りょうと)の門人として伊勢風俳諧(はいかい)をひろめた。各務支考(かがみ-しこう)としたしく,松尾芭蕉(ばしょう)の晩年の弟子ともいわれる。元文4年8月18日死去。65歳。伊勢(三重県)出身。名は宗勝。通称は利右衛門。別号に梅我,麦林舎。家集に「麦林集」など。
【格言など】浮草や今朝はあちらの岸に咲く(「麦林集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中川乙由

没年:元文4.8.18(1739.9.20)
生年:延宝3(1675)
江戸中期の俳人。通称,利右衛門宗勝。別号,梅我,麦林舎。伊勢の人で,新屋を営む富商。俳諧に遊び一代で産を傾け,麦林舎(庵名)を結んだ。初め松尾芭蕉に接し,のち神風館3世の岩田涼【G7EDF/りようと】に師事。さらには各務支考に学び,俳人としての地位を高めていった。『伊勢新百韻』の編集後,『三疋猿』『山中集』に,支考,涼G7EDFとの結びつきを示す。涼G7EDFの没後,伊勢俳壇の中心人物となり,麦林派を提唱。のちに支麦の徒と称される田舎蕉門の一翼を担う活動を示すが,その勢力は全国におよんだ。

(楠元六男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

なかがわおつゆう【中川乙由】

1675~1739) 江戸中期の俳人。伊勢の人。別号、麦林舎など。芭蕉晩年の門人。のち岩田涼菟に師事。俗談平話の俳風を広め、伊勢派といわれる。また、各務支考の美濃派とともに支麦調ともいわれた。家集「麦林集」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中川乙由
なかがわおつゆう

[生]延宝3(1675).伊勢
[没]元文4(1739).8.18. 伊勢
江戸時代中期の俳人。通称,喜右衛門。別号,梅我,麦林舎 (麦林) 。材木商ののち御師 (おし) となり慶徳図書と称した。初め蕉門,のち岩田凉菟に師事。伊勢派の中心人物となり,後年,俗調をもって,美濃派の各務 (かがみ) 支考とともに「支麦の徒」とそしられた。編著『伊勢新百韻』 (1698) ,『麦林集』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android