唐銭(読み)とうせん

精選版 日本国語大辞典「唐銭」の解説

とう‐せん タウ‥【唐銭】

〘名〙 平安末期から江戸初期に至る間、日本に渡来した中国歴代の諸全般をいう。これらは寛文一〇年(一六七〇)まで日本においても通貨として広く流通した。
歌舞伎曾我綉侠御所染御所五郎蔵)(1864)六幕「仏壇の、母の巾着幸ひに、唐銭(タウセン)三文取出し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android