コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾我綉侠御所染 そがもようたてしのごしょぞめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曾我綉侠御所染
そがもようたてしのごしょぞめ

歌舞伎狂言。6幕 12場。世話物元治1 (1864) 年江戸市村座初演。柳亭種彦作『浅間嶽面影草紙 (あさまがたけおもかげぞうし) 』を2世河竹新七 (→河竹黙阿弥 ) が脚色。腰元皐月に恋したために浅間家を追われ,侠客となった五郎蔵の悲劇を描いた作品。通称は,分けて『時鳥殺し』『御所五郎蔵』という。前者は責め場,後者は侠客の達引,愛想づかし,殺し,立回り世話狂言の要素を集約した面白さで知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

曾我綉侠御所染の関連キーワード御所の五郎蔵歌舞伎狂言

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android