コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タウセン Tausen, Hans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タウセン
Tausen, Hans

[生]1494. フューン島
[没]1561.11.11. リーベ
デンマークの宗教改革者,言語学者。初めローマ・カトリックの修道士の生活をおくっていたが,1523年ウィッテンベルクに行き,約1年半 M.ルターのもとで研究。のちビボル,コペンハーゲンで改革派の教理を説教した。 33年ローマ側の司教により涜神の嫌疑で告発されたが,彼の教説を支持する民衆に救出され,42年にはリーベの監督となった。デンマークで初めて礼拝に自国語を使用し,またヘブライ語のモーセ五書をデンマーク語に翻訳し,デンマーク語の賛美歌集を刊行した。これらの業績のゆえに「デンマークのルター」と呼ばれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

タウセンの関連キーワード川中島の戦いイタリア戦争上杉定正フィレンツェ共和国ホルバイン(父子)ルネサンス史(年表)武田信廉山本勘助グレバン上杉謙信

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android