三文(読み)サンモン

デジタル大辞泉の解説

さん‐もん【三文】

一文銭3枚の値。
値段のきわめて安いこと。「三文の値うちもない」「二束三文
他の語の上に付いて、安い、価値のない、粗悪な、などの意を表す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんもん【三文】

一文銭三枚。値打ちのないこと。非常に安いこと。 「 -の価値もない代物しろもの」 「二束-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐もん【三文】

〘名〙
一文銭三枚の値。転じて、ごく安価なこと。また、一般的に価値の低いことやものをいう。名詞と複合して、「三文雑誌」「三文文士」「三文野郎」などとも用いる。
※俳諧・貝おほひ(1672)一二番「長脇指のさやは三文、下緒は二文、しめて五文の、銭うしなひの、やす物と見え侍る」
※腕くらべ(1916‐17)〈永井荷風〉一「わざと自分から三文の値打もないやうに自分の身を軽く取扱ふ」
② 一文、一銭を強めていう語。
※歌舞伎・韓人漢文手管始(唐人殺し)(1789)三「屋賃といふては三文もおこさず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三文の関連情報