唐頭(読み)とうのかしら

  • とうのかしら タウ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 犛牛(りぎゅう)(=ヤク)の尾毛を束ねた荘厳用の飾りもの。白くさらした白頭を白熊(はぐま)、赤く染めた赤頭を赤熊(しゃぐま)といい、幡の棹の先端につけたのを鬼頭(おにがしら)という。能の獅子の頭などにつけ、当世兜の引回しにも用いる。からのかしら。
※歌舞伎・川中島東都錦絵(1876)五幕「唐(タウ)の頭の兜、緋の衣軍配団扇を持ち」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android