コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤熊 アカグマ

デジタル大辞泉の解説

あか‐ぐま【赤熊】

ヒグマ別名

しゃ‐ぐま【赤熊/×赭熊】

赤く染めたヤクの尾の毛。また、それに似たい髪の毛。払子(ほっす)かつら、兜(かぶと)の飾りなどに用いる。→黒熊(こぐま)白熊(はぐま)
縮れ毛で作った入れ髪。また、それを用いて結った日本髪赤熊髷(まげ)。
(赤熊)オキナグサの別名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あかぐま【赤熊】

ヒグマの一亜種。体長2メートル 以上に達し、毛が強こわく、赤みを帯びる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

赤熊 (アカグマ)

動物。哺乳類

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

赤熊の関連キーワード弥彦舞楽(やひこぶがく)白間津のオオマチ唐の頭・唐の首やすらい祭赤熊・赭熊二百三高地トリトマ後藤春栄唐の頭縮れ毛梳き毛浮立面払子動物未来剣舞赤み黒熊白熊

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤熊の関連情報