コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白頭 シロガシラ

デジタル大辞泉の解説

しろ‐がしら【白頭】

能で、白毛のかしら。劫(こう)を経た老体神体・鬼畜などに用いる。→赤頭黒頭

はく‐とう【白頭】

年老いて白髪になった頭。しらがあたま。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しろがしら【白頭】

能で、老体の鬼神などに用いる、長い白毛の頭かしら。歌舞伎でも鬘かつらとして使う。

はくとう【白頭】

白髪の頭。しらがあたま。白首。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

白頭 (シロガシラ)

学名:Pycnonotus stnensis
動物。ヒヨドリ科の鳥

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の白頭の言及

【頭】より

…前髪は額におおいかかり,横は両肩,後ろは身長におよぶ長い仮髪。赤頭(あかがしら),黒頭(くろがしら),白頭(しろがしら)の3種があり,役柄や演出により使い分ける。能の常の演出では,赤頭は神体(《賀茂》《嵐山》など),竜神(《春日竜神》《竹生島》など),天狗(《鞍馬天狗》《是界》など),鬼畜(《小鍛冶》《鵺(ぬえ)》など)に用い,黒頭は童子または慈童(《田村》《大江山》《枕慈童》など),怨霊(《通(かよい)小町》《藤戸》《船弁慶》など),《隅田川》の子方,《邯鄲》《弱法師(よろぼし)》のシテなどに用い,白頭は老体の神霊や鬼畜・霊(《玉井》《竜虎》《恋重荷(こいのおもに)》)などに用いるが,演出意図によって常は(かつら)をつける役が赤頭や白頭をつけたり,同様に赤頭を黒頭や白頭に,黒頭を白頭に変えたりする。…

※「白頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白頭の関連キーワードチャンパイ(長白)山脈「代悲白頭翁」劉奇夷サムジヨン(三池淵)ポチョンボ(普天堡)フォートロッドヒルペクトゥ(白頭)山キム ギンソックキム ドンウックチルボ(七宝)山チョン(天)池ペクトゥサンイ・キョンテハクトウワシ近藤乾之助老いを養う星野 水裏鞍馬天狗留岡幸助斎藤緑雨遼東の豕

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白頭の関連情報