コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唯川恵 ユイカワケイ

デジタル大辞泉の解説

ゆいかわ‐けい〔ユイかは‐〕【唯川恵】

[1955~ ]小説家エッセイスト。石川の生まれ。本名、宮武泰子(たいこ)。OL生活を経て作家となる。等身大と評されるエッセーや、女性心理を繊細かつ大胆に描く恋愛小説で女性の支持を得る。「肩ごしの恋人」で直木賞受賞。他に「海色の午後」「愛がなくてははじまらない。」「人生は一度だけ。」「ため息の時間」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

唯川恵 ゆいかわ-けい

1955- 平成時代の小説家,エッセイスト。
昭和30年2月1日生まれ。会社勤務をへて,小説をかきはじめ,昭和59年「海色の午後」でコバルト・ノベル大賞。14年箴言(しんげん)でつづる家族小説「肩ごしの恋人」で直木賞。20年「愛に似たもの」で柴田錬三郎賞。石川県出身。金沢女子短大卒。本名は宮武泰子。作品はほかに「愛なんか」「ため息の時間」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

唯川恵の関連キーワード彼女の嫌いな彼女イ オンヒ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唯川恵の関連情報