唱え言(読み)となえごと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唱え言
となえごと

目に見えない神霊に対して加護を求めて発せられる文句。唱え言は,小正月の成木責め七草節分田打ち正月など,年中行事のなかに多くみられる。その文句は全国的にだいたい共通しており,なかには問答形式をとる事例もある。たとえば茨城県では,正月七草に女性が「七草なくな,唐土のからすが渡らぬうちに,トントントン,ストロントン,ストロントン」といって包丁の裏でまな板を3回たたいてから七草をきざむという。唱え言によく似たものに,諺,童言葉,呪文があるが,諺は人間に対していわれる言葉であり,童言葉はその発生時においては信仰はなく,また呪文は個人の秘伝が多いなどの点で唱え言とは異なる (→童唄 ) 。唱え言は本来集団共有のものであったが,なかにはすでに意味不明となったものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

となえごと【唱え言】

目に見えない神霊に向かって言う、信仰的要素をもつ言葉。成り木責めの問答や、節分の「福は内、鬼は外」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android