コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唱え言 となえごと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唱え言
となえごと

目に見えない神霊に対して加護を求めて発せられる文句。唱え言は,小正月の成木責め七草節分田打ち正月など,年中行事のなかに多くみられる。その文句は全国的にだいたい共通しており,なかには問答形式をとる事例もある。たとえば茨城県では,正月七草に女性が「七草なくな,唐土のからすが渡らぬうちに,トントントン,ストロントン,ストロントン」といって包丁の裏でまな板を3回たたいてから七草をきざむという。唱え言によく似たものに,諺,童言葉,呪文があるが,諺は人間に対していわれる言葉であり,童言葉はその発生時においては信仰はなく,また呪文は個人の秘伝が多いなどの点で唱え言とは異なる (→童唄 ) 。唱え言は本来集団共有のものであったが,なかにはすでに意味不明となったものもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

となえ‐ごと〔となへ‐〕【唱え言】

まじないにとなえる言葉。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

となえごと【唱え言】

目に見えない神霊に向かって言う、信仰的要素をもつ言葉。成り木責めの問答や、節分の「福は内、鬼は外」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

唱え言の関連キーワードずいずいずっころばし月浜のえんずのわり板橋の田遊び博多どんたく手手が甲狩猟儀礼口承文芸鬼ごっこまじないほがほが虫の口焼えびす浜下り指切り文字絵家移りタヌキ迎え火松迎え十日夜

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android