コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田打ち正月 タウチショウガツ

4件 の用語解説(田打ち正月の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たうち‐しょうがつ〔‐シヤウグワツ〕【田打ち正月】

多く正月11日に行う農耕の予祝儀礼。田畑に出て二くわか三くわ耕したあと、松の枝を植えたりして唱え言をする。くわはじめ。 新年》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

田打ち正月【たうちしょうがつ】

仕事始めの一つ。農たて,鍬(くわ)始めとも。1月2日か11日に行う所が多い。早朝に田畑に出て形式的に鍬入れをし,供物をして田の神をまつる。雪の多い地方では,わらや松の枝を雪にさし,田植をまねて予祝とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

たうちしょうがつ【田打ち正月】

主として1月11日に、その年の豊作を予祝して農耕の仕事始めを儀礼的に行う行事。田打ち初め。田打ち講。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田打ち正月
たうちしょうがつ

年頭の農作予祝行事の一つ。鍬初(くわぞ)め、一鍬(いちくわ)などともいう。多くは正月11日の朝、一家の主人が松や供物を持って恵方(えほう)(その年の縁起のよい方角)の田か畑に行き、「一鍬で千石、二鍬で万石、三鍬で数知れず」などと唱えながら、田畑をちょっと鍬で打ってくる。松の小枝や藁(わら)を植えて田植のまねをする所もある。秋の豊作を願う呪術(じゅじゅつ)で、同類の行事は全国に広く分布する。「田打ち正月」の呼称は、中国地方の日本海側で使われる語。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の田打ち正月の言及

【鏡開き】より

…正月の鏡餅を下げ,砕いた小片を雑煮や汁粉に入れて食べる祝い。主として1月11日の行事。古くは1月20日に行われていたが,江戸時代に3代将軍家光の忌日が20日であるため11日に改められたという。武家では甲冑を納めた櫃を開く具足開きが,町家では蔵開き,帳祝いが行われ,鏡餅を下げて主従や家族どうしで共食し,互いの関係を密にした。農家でも田打正月,鍬初めなどといって田畑に初鍬を入れ,そこに松や鏡餅の砕片を供えたり,臼起しといって暮に伏せた臼を起こし儀礼的に米つき等の作業をすることが行われ,同時に雑煮や汁粉を食べた。…

【正月】より

…旧暦2月は稲の種子おろしの月で,正月の行事はその前段をなしていた。1月11日の田打ち正月や,小正月の庭田植で,田打ちや田植の模擬作業をするなど,稲の豊作を祈る行事がある。現代の正月行事には,暦による正月の行事と,古来の稲作開始前の儀礼とが重なり合っている。…

※「田打ち正月」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田打ち正月の関連キーワード仕事始め初山入り仕事納め御事始め事始め正月始め初山物始め手斧始め内談始め

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone