コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

問答学校 もんどうがっこうcatechetical school

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

問答学校
もんどうがっこう
catechetical school

2~4世紀頃を最盛期として,エジプトのアレクサンドリアを中心に普及したキリスト教会の教育機関。純宗教教育を目的としたカテクメートと異なり,異教徒をもキリスト教信者に導く教育を施した。カテキズム (教理問答) と講義を主とし,ギリシア哲学,自然科学,ギリシア文学,修辞学,文法など,当時の世俗的な科目も教えた。4~5世紀に修道院学校や司教座聖堂付属学校などが成立発展すると,そのなかに吸収され,次第に消滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の問答学校の言及

【宗教教育】より

… キリスト教を国教と事実上公認した392年のテオドシウス帝の勅令以後,西欧は宗教的にはキリスト教に統一され,国家権力によって支持されたキリスト教会による教育の独占が始まった。キリスト教の教義の初歩を教える学校である問答学校catechumenal schoolは,異教徒をキリスト教徒として洗礼することを目的に2世紀ころ起こり,国教化後の5世紀に最盛期を迎えるが,教会学校が発達してくると,8~9世紀に消滅する。6世紀になるとベネディクト会など各種の修道会が創設され僧侶の養成にあたったが,8世紀ころから世俗の子どもをうけいれて教育にあたった。…

※「問答学校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android