コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

問職 といしき

大辞林 第三版の解説

といしき【問職】

荘園の所職の一。荘園領主のもとへ年貢・公事を運送する任に当たったもの。鎌倉以降、いくつかの荘園の問職を兼ね、問丸といまるに発展してゆく者もあった。 → 問丸

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の問職の言及

【問丸】より

…〈問男〉〈問丸〉は〈馬借丸〉などと同じく貴族が身分の下のものを呼ぶ使い方で,それが通称となった。すでに平安末・鎌倉期に淀津,山崎津,木津などの畿内の港津には,荘園領主である権門貴族,寺社などから〈問職(といしき)〉に任命された問丸が,年貢米の保管,売却,船舶の準備,宿所の提供などに従事していた。中には,その反対給付として給免田を与えられていたものもあり,問職は物権化して譲渡の対象となった。…

※「問職」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

問職の関連キーワード松木与三左衛門符坂油座問屋問丸荘園

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android