コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

啓風丸 けいふうまる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

啓風丸
けいふうまる

1969年に建造された気象庁の洋上観測船。主として日本の南方海域で,台風や低気圧,梅雨前線の動きを監視する。総トン数 1796t,乗員数 36人,観測員数 24人。観測装置として,船の最上部に気象観測用レーダドームが2台あり,高層観測用の放球装置 (ラジオゾンデ) ,波浪計,風速計,温度計,雨量計,ブイロボット装置,採水器などを積込んでいる。気象レーダの探知半径は 400km。海上の風向,風速をはじめ高層観測用のラジオゾンデは,エコー方式の採用で精度を高めるとともに,コンピュータと結ばれて,短時間に観測できるようになっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

啓風丸の関連キーワード海洋気象観測船気象観測船

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

啓風丸の関連情報