コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

啓風丸 けいふうまる

1件 の用語解説(啓風丸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

啓風丸
けいふうまる

1969年に建造された気象庁の洋上観測船。主として日本の南方海域で,台風や低気圧,梅雨前線の動きを監視する。総トン数 1796t,乗員数 36人,観測員数 24人。観測装置として,船の最上部に気象観測用レーダドームが2台あり,高層観測用の放球装置 (ラジオゾンデ) ,波浪計,風速計,温度計,雨量計,ブイロボット装置,採水器などを積込んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

啓風丸の関連キーワード気象観測船定点観測AMeDAS海洋気象台気象記念日地方気象台中央気象台精密地震観測室南極観測船宗谷アメダス観測所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

啓風丸の関連情報