善巧(読み)ぜんぎょう

精選版 日本国語大辞典「善巧」の解説

ぜん‐ぎょう ‥ゲウ【善巧】

〘名〙 仏語衆生を教化するその手段・方法の巧みなこと。
※法華義疏(7C前)一「実智亦言智慧方便者。巧為義」
※正法眼蔵(1231‐53)菩提薩埵四摂法「利行といふは、貴賤の衆生におきて、利益の善巧をめぐらすなり」 〔地論‐七〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「善巧」の解説

ぜん‐ぎょう〔‐ゲウ〕【善巧】

仏語。人々の機根に応じて巧みに善に教え導き、仏の利益りやくを与えること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android