コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善法寺宋清 ぜんぽうじ そうせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

善法寺宋清 ぜんぽうじ-そうせい

?-1452 南北朝-室町時代の僧。
善法寺了清(りょうせい)の子。康暦(こうりゃく)2=天授6年石清水(いわしみず)八幡宮権(ごんの)別当となる。応永16年同八幡宮検校(けんぎょう),権大僧都(ごんのだいそうず)。宝徳4年3月14日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

善法寺宋清の関連キーワード享徳モデナ公国リッピハプスブルク家享徳樺太島民の悲劇サボナローラレオナルド・ダ・ヴィンチ殺人事件数の推移飛鳥井雅世

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone