コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善法寺了清 ぜんぽうじ りょうせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

善法寺了清 ぜんぽうじ-りょうせい

?-1385* 南北朝時代の僧。
文和(ぶんな)4=正平(しょうへい)10年石清水(いわしみず)八幡宮権(ごんの)別当貞治(じょうじ)6=正平22年八幡宮領加賀美荘の地頭職(しき)をみとめられている。至徳元=元中元年11月25日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

善法寺了清の関連キーワード善法寺宋清南北朝時代智泉聖通文和

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android