コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪苗代兼載 いなわしろ けんさい

7件 の用語解説(猪苗代兼載の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

猪苗代兼載

戦国時代の連歌師。会津生。別号に宗春・相園坊・耕閑斎等。尭恵に和歌を、心敬に連歌を学ぶ。のち上洛し北野連歌会所奉行となる。また大内政弘と親交を持ち、『新撰菟玖波集』を編ずる飯尾宗祗の補佐も手掛ける。句集に『園塵』、連歌論に『兼載雑談』などがある。永正7年(1510)歿、59才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いなわしろ‐けんさい〔ゐなはしろ‐〕【猪苗代兼載】

[1452~1510]室町中期の連歌師。会津の人。名は宗春。号、相園坊・耕閑軒。心敬に師事。宗祇らと「新撰菟玖波集」を編集。句集「園塵(そののちり)」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

猪苗代兼載 いなわしろ-けんさい

1452-1510 室町-戦国時代の連歌師。
享徳元年生まれ。心敬にまなび,宗祇(そうぎ)とまじわる。文明8年から京都で活動,延徳元年(1489)宗祇の跡をついで北野連歌会所の奉行となる。宗祇をたすけて「新撰菟玖波(しんせんつくば)集」を編集。晩年は関東で活動した。永正(えいしょう)7年6月6日死去。59歳。陸奥(むつ)会津(福島県)出身。別号に宗春,相園坊,耕閑軒。著作に「兼載雑談」,句集に「園塵(そののちり)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

猪苗代兼載

没年:永正7.6.6(1510.7.11)
生年:享徳1(1452)
室町時代の連歌師。初名宗春。奥州会津の猪苗代盛実の子。20歳前後のころ,応仁の乱で関東流寓中の心敬に連歌の指導を受け,飯尾宗祇とも交流を持った。乱後京都に出て連歌師として活躍,延徳1(1489)年には早くも連歌界で最高の名誉職である北野連歌会所奉行に任ぜられた。明応4(1495)年『新撰【G7EDF玖波/つくば】集』編集では編者の宗祇を補佐したが,細川成之の句をめぐって確執が生じた。また山口,阿波,北陸,関東を旅し,文亀1(1501)年関東下向,以後岩城,会津,古河などで連歌や古典講義の活動を続け,古河の地に没した。句集に『園塵』,連歌論に『心敬僧都庭訓』『連歌延徳抄』『兼載雑談』などがあり,独吟の『聖廟法楽千句』も名高い。「はなぞちるかからむとての色香かな」の自詠を,「此発句,新G7EDF玖波集に第一の発句なりと勅定ありし」と自賛するように,芯の強い独自の道を行く人であった。<参考文献>金子金治郎『連歌師兼載伝考』

(沢井耐三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いなわしろけんさい【猪苗代兼載】

1452~1510) 室町中期の連歌師。会津の人。早くに出家。心敬に師事し、宗祇の「新撰菟玖波つくば集」編集に協力。句集「園塵そののちり」「若草山」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

猪苗代兼載
いなわしろけんさい

兼載」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

猪苗代兼載
いなわしろけんさい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の猪苗代兼載の言及

【兼載】より

…室町後期の連歌師。猪苗代氏。初名は宗春。会津の出身。青年期に東国へ流寓していた心敬,宗祇に学ぶ機会を持ち,20代の半ばころ京都へ出て活動し,38歳のとき北野連歌会所奉行となる。宗祇とともに《新撰菟玖波(つくば)集》の編集に当たり,1495年(明応4)完成するが,編集方針などで宗祇と確執があったことでわかるように,宗祇といろいろな意味で対立的な立場にあった。句集に《園塵(そののちり)》があり,連歌作品にも多く名をとどめている。…

※「猪苗代兼載」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

猪苗代兼載の関連キーワード紹九塩瀬利盛兼載恵俊広幢三甫信永忍誓持政祐倫

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone