コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善法寺祐清 ぜんぽうじ ゆうせい

1件 の用語解説(善法寺祐清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

善法寺祐清 ぜんぽうじ-ゆうせい

?-1221 鎌倉時代の僧。
善法寺成清(じょうせい)の子。安元2年出家し,覚快(かくかい)法親王にまなぶ。元久3年石清水(いわしみず)八幡宮別当となる。権大僧都(ごんのだいそうず)。承久(じょうきゅう)3年4月23日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

善法寺祐清の関連キーワード安東忠家一条信能鏡久綱糟屋有久加藤景廉五条有範後藤基清惟明親王佐々木経高佐々木広綱

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone