コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林佐野 はやし さの

2件 の用語解説(林佐野の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林佐野 はやし-さの

1825-1901 江戸後期-明治時代の囲碁棋士。
文政8年生まれ。碁所(ごどころ)林家の分家林藤三郎の養女となり,16歳で初段,のち4段にすすむ。明治12年囲碁結社方円社の創立につくした。明治34年10月25日死去。77歳。江戸出身。本姓は三河。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

林佐野

没年:明治34.10.25(1901)
生年:文政8(1825)
明治期の囲碁棋士。江戸の生まれ。名前は「さの」とも書く。棋院林家の分家林藤三郎養女で,四段まで進んだ。囲碁結社「方円社」の創設(1879)に協力した。初の女流七段(追贈)となった林文子(のちの喜多文子)は養女。江戸後期に至るまで長く衰微していた女流囲碁の伝統を復活させ,後進を育成,現在にいたる礎をつくった。

(谷口牧夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

林佐野の関連キーワードアレクサンドル岩漿アレクサンドルジャワ戦争通航一覧正岡子規林佐野アメリカ音楽表千家カクラン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone