コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同志会(読み)どうしかい

百科事典マイペディアの解説

同志会【どうしかい】

大正時代の政党。正式には立憲同志会憲政擁護運動への対抗策として,桂太郎国民党・中央倶楽部を中心に1913年2月に立憲同志会の創立を宣言。同年10月桂が病死し,一部は党を離れたが,加藤高明を総裁として12月に結党式をあげた。1914年第2次大隈内閣の最大与党となり,1915年の選挙では第1党となった。1916年10月大隈内閣の総辞職に併って憲政会を組織。
→関連項目浜口雄幸

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どうしかい【同志会】

大正初年の政党,立憲同志会の通称。日露戦争後政友会と妥協し,西園寺公望と交代で内閣を組織してきた桂太郎は,その第2次内閣(1908‐11)のときから,自分の意のままに動かせる政党をつくることを意図してきた。第3次内閣が護憲運動に脅かされた桂は,新党結成に踏み切り,13年2月7日,みずから立憲同志会創立委員長となって宣言と綱領を発表した。大浦兼武の率いる官僚派中央俱楽部の全員33人に大石正巳,河野広中ら国民党の過半数をあわせ93人の代議士と,後藤新平,若槻礼次郎ら桂系官僚が加わったが,政友会の切崩しに失敗し,桂は議会を解散することなく2月11日総辞職した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android