コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜早伊右衛門 きそう いえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜早伊右衛門 きそう-いえもん

1847-1906 明治時代の治水家。
弘化(こうか)4年生まれ。山形県村山郡楯岡町(村山市)の人。明治9年から6年をかけ私財を投じて同地に東沢堤をきずき,灌漑(かんがい)用水池東沢溜め池を完成させ,近隣7ヵ村200haの耕地をうるおした。明治39年死去。60歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

喜早伊右衛門の関連キーワード明治時代弘化

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android