コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜知次/吉次 キチジ

デジタル大辞泉の解説

きちじ【喜知次/吉次】

フサカサゴ科の海水魚全長約30センチ。頭部に鋭いとげを多数もち、体は鮮紅色を呈する。駿河湾以北に分布し、三陸沖や北海道岸に多い。脂肪があり、煮つけなどにする。きんき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きちじ【喜知次】

カサゴ目の海魚。全長30センチメートル 内外。頭はとげが多く、目が大きい。全体が鮮紅色で、第一背びれの後方に大きい黒斑が一つある。食用、また練り製品の原料。北日本の太平洋岸に多い。キンキ。キンキン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

喜知次 (キチジ)

動物。フサカサゴ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

喜知次/吉次の関連キーワード練り製品北日本キンキ動物内外海魚食用

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android