コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜連川縄氏 きつれがわ つなうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜連川縄氏 きつれがわ-つなうじ

1844-1874 幕末の大名。
天保(てんぽう)15年4月7日生まれ。徳川斉昭(なりあき)の11男。喜連川宜氏(よしうじ)の養子となり,文久2年下野(しもつけ)(栃木県)喜連川藩主喜連川家12代。慶応4年会津(あいづ)藩に内通したと新政府軍に讒訴(ざんそ)した家老の二階堂貞明,貞則父子を断罪した。明治元年姓を足利にもどした。明治7年3月2日死去。31歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android