コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嗅粘膜 きゅうねんまく

百科事典マイペディアの解説

嗅粘膜【きゅうねんまく】

鼻腔の粘膜の一部で,嗅部と呼ばれる嗅神経の分布する部分だけを占める。嗅部は鼻腔上部の上甲介とそれに対する鼻中隔の部分で,その他の部分すなわち呼吸部の粘膜とは,暗褐色を帯びる点で異なる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の嗅粘膜の言及

【嗅覚】より

…においをかごうとするとき強く吸いこむのは,空気をこの嗅細胞にふれさせようとするためである。嗅裂部の粘膜は暗褐色をおびており,この部分を嗅粘膜または嗅上皮と呼ぶ(図1)。面積は2.4~6.4cm2である。…

※「嗅粘膜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

嗅粘膜の関連キーワードムコイド双極細胞嗅覚障害終神経嗅覚