コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噴射ポンプ(読み)ふんしゃポンプ

百科事典マイペディアの解説

噴射ポンプ【ふんしゃポンプ】

インジェクションポンプinjection pump,燃料噴射ポンプとも。ディーゼルエンジンなどのシリンダー内に燃料を噴射させるポンプで,ふつう単動のプランジャーポンプを用い,機関回転数や負荷の変動に応じて,噴射量や噴射時期が自動調整される。
→関連項目ポンプ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふんしゃポンプ【噴射ポンプ injection pump】

燃料噴射ポンプともいう。ディーゼルエンジンなどのシリンダー内に燃料を噴射させるポンプ。100atm内外ないし数百atm以上の高圧を得るために,プランジャーポンプが広く採用される。機関駆動のカムによって,燃料噴射時期にプランジャーを急速に作動させて高圧燃料を噴射ノズル部に圧送する,いわゆるジャーク式のものが一般的で,ボッシュ型ポンプはその典型である。大型機関ではシリンダーごとにポンプを配置するが,小型機関では,各シリンダー用のプランジャーをまとめて列状に配し一つのポンプに収めた列型ポンプを用いる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android