コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噴火の規模 ふんかのきぼ scale of volcanic eruption

1件 の用語解説(噴火の規模の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

噴火の規模

噴火の大きさと、火山爆発マグマの噴出によって解放されるエネルギー噴火の規模は、噴出量と爆発性で表される。最大級の噴火では、マグマの噴出量は100億tにも達する。爆発の強さは、噴煙柱の高さなどと対応付けられ、9段階の火山爆発指数(VEI:Volcanic Explosivity Index)で表現される。噴火には、爆発を伴わずに膨大な溶岩流を出す噴火もあるが、巨大噴火は、一般に噴出量も多く爆発性も高い。

(井田喜明 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

噴火の規模の関連キーワードブルカノ式噴火火山噴出物火山活動火山爆発噴火噴火機構累積火山半火山型中心噴火流砂噴火桜島火山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

噴火の規模の関連情報