コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噴火の規模 ふんかのきぼscale of volcanic eruption

1件 の用語解説(噴火の規模の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

噴火の規模

噴火の大きさと、火山爆発マグマの噴出によって解放されるエネルギー噴火の規模は、噴出量と爆発性で表される。最大級の噴火では、マグマの噴出量は100億tにも達する。爆発の強さは、噴煙柱の高さなどと対応付けられ、9段階の火山爆発指数(VEI:Volcanic Explosivity Index)で表現される。噴火には、爆発を伴わずに膨大な溶岩流を出す噴火もあるが、巨大噴火は、一般に噴出量も多く爆発性も高い。

(井田喜明 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

噴火の規模の関連情報