コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火山爆発 かざんばくはつ volcanic explosion

1件 の用語解説(火山爆発の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

火山爆発

火山で起こる爆発的な噴火。マグマが主体のものと水蒸気が主体のものがある。マグマによる爆発は、流動性の低いマグマの上昇に伴って、中に溶け込んでいた水蒸気などの気体成分が急激に発泡して気泡になり、膨張するのが原因。気泡の膨張で砕けたマグマは火山灰、軽石、スコリア(黒っぽい玄武岩質のもの)などのテフラ(火山砕屑〈さいせつ〉物)として火口から放出。上昇途中に気体成分が著しく抜けると、マグマは爆発せずに溶岩として流出する。一般に、噴火の初期ほど爆発性が高い。

(井田喜明 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火山爆発の関連キーワードブルカノ式噴火水蒸気爆発噴火噴火の規模噴火機構爆発的水底火山地下水マグマ性過程広域噴火桜島火山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火山爆発の関連情報