コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嚶鳴雑誌 おうめいざっし

2件 の用語解説(嚶鳴雑誌の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おうめいざっし【嚶鳴雑誌】

明治時代,自由民権期の政論雑誌。1879年10月25日,沼間守一(ぬまもりかず)主宰の政治結社嚶鳴社を母体に創刊された。初期のころは末広重恭校閲で,沼間,末広,青木匡ら嚶鳴社メンバー政談演説の草稿を収録。自由民権運動高揚とともにその言論の一舞台となり月5回刊まで発展,部数も増加したが,83年5月10日に75号で終刊し,《東京輿論新誌》と合併。後期は島田三郎校閲で,終刊時には旬刊。【山本 武利】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嚶鳴雑誌
おうめいざっし

明治時代の啓蒙(けいもう)雑誌。1879年(明治12)10月創刊。75号(83年5月)で終刊。発行所は求友社、28号より嚶鳴雑誌社。沼間守一(ぬまもりかず)、青木匡(あおきただす)、肥塚龍(こいづかりゅう)(1848―1920)ら嚶鳴社社員の所論の掲載を主としたが、広く門戸を開き、民権派の多様な意見、演説・討論筆記、時論を収載、また欧米近代思想を紹介して、民権運動に大きな影響を与えた。1883年6月『東京輿論(よろん)新誌』と合併。現存59冊(東京大学明治新聞雑誌文庫蔵)。[安在邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嚶鳴雑誌の関連キーワード自由民権論自由民権思想飯塚納伊東圭介太田松次郎岡喬久野初太郎野手一郎森隆介八木重治

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone