コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政談演説 せいだんえんぜつ

世界大百科事典 第2版の解説

せいだんえんぜつ【政談演説】

政治思想を普及させる方法として行われた演説。明治10年代初め自由民権運動が起こると,明六社らの知識人グループが行っていた演説は,民権派によって政府批判,民権思想普及・宣伝のための手段として重視され,政談演説会が頻繁に開かれた。政談演説は新聞とならぶ最も重要なコミュニケーション手段であり,1881‐82年に全国で大流行した。それにともない政府は取締りを厳しくし,街頭での演説禁止,官吏の演説禁止,警察官の臨監,法に触れた弁士の一定期間演説禁止などの処置をとり,1880年にはこれらをあわせて集会条例を制定して規制した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

政談演説の関連キーワード知事選期間中の政治活動の規制朝寝坊 むらく(6代目)田代 進四郎新婦人協会川上音二郎角藤 定憲平野友輔徳富蘇峰嚶鳴雑誌確認団体奥宮健之壮士芝居沼間守一福田英子車会党嚶鳴社坂崎斌演歌師