政談演説(読み)せいだんえんぜつ

世界大百科事典 第2版の解説

せいだんえんぜつ【政談演説】

政治思想を普及させる方法として行われた演説。明治10年代初め自由民権運動が起こると,明六社らの知識人グループが行っていた演説は,民権派によって政府批判,民権思想普及・宣伝のための手段として重視され,政談演説会が頻繁に開かれた。政談演説は新聞とならぶ最も重要なコミュニケーション手段であり,1881‐82年に全国で大流行した。それにともない政府は取締りを厳しくし,街頭での演説禁止,官吏の演説禁止,警察官の臨監,法に触れた弁士の一定期間演説禁止などの処置をとり,1880年にはこれらをあわせて集会条例を制定して規制した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android