コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四位少将 シイノショウショウ

2件 の用語解説(四位少将の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しい‐の‐しょうしょう〔シヰ‐セウシヤウ〕【四位少将】

正五位相当の近衛少将で、特に四位に進んだ者。名誉の地位とされた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の四位少将の言及

【通小町】より

…世阿弥が部分的に手を加えている。シテは四位少将(しいのしようしよう)の霊。八瀬の里に住む僧(ワキ)の所に,毎日木の実や薪を届ける女(ツレ)がいる。…

【卒都婆小町】より

…そのうち小町の様子が変わり,自分で〈小町のもとに通おう〉と叫ぶ。それは四位少将(しいのしようしよう)の怨霊が乗り移ったのだった。少将は,むかし小町を慕って九十九夜通いつめながら,思いをとげずに死んだ恨みがあった。…

※「四位少将」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone