コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四位少将 シイノショウショウ

デジタル大辞泉の解説

しい‐の‐しょうしょう〔シヰ‐セウシヤウ〕【四位少将】

正五位相当の近衛少将で、特に四位に進んだ者。名誉の地位とされた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しいのしょうしょう【四位少将】

四位の位に進んだ近衛府の少将。通常、少将は五位相当であり名誉とされた。
○ 謡曲「通小町かよいこまち」中の深草の少将のこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の四位少将の言及

【通小町】より

…世阿弥が部分的に手を加えている。シテは四位少将(しいのしようしよう)の霊。八瀬の里に住む僧(ワキ)の所に,毎日木の実や薪を届ける女(ツレ)がいる。…

【卒都婆小町】より

…そのうち小町の様子が変わり,自分で〈小町のもとに通おう〉と叫ぶ。それは四位少将(しいのしようしよう)の怨霊が乗り移ったのだった。少将は,むかし小町を慕って九十九夜通いつめながら,思いをとげずに死んだ恨みがあった。…

※「四位少将」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

四位少将の関連キーワード岩屋の草子住吉物語忍音物語深草少将観阿弥近衛府通小町謡曲大老

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android