コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三道 サンドウ

デジタル大辞泉の解説

さん‐どう〔‐ダウ〕【三道】


三行(さんこう)」に同じ。
律令制大学寮に設置された3学科。明経(みょうぎょう)道明法(みょうぼう)道算道
兵家で、兵を用いる三つの方法。正兵奇兵伏兵
仏語。
㋐「三悪道」に同じ。
のこと。輪廻(りんね)を、煩悩とそれによる行為と、その結果としての苦との三つでとらえたもの。
㋒仏道修行の三段階。聖者の位の見道、修練を積む位の修道(しゅどう)、学ぶべきもののなくなった位の無学道
意業(いごう)の三悪。貪・瞋(しん)・邪見
世阿弥が説いた、能を作る場合の3要素。種(素材)・作(構成)・書(作詞・作曲)。
世阿弥の「能作書」の別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんどう【三道】

〔礼記 祭統〕 「 三行さんこう 」に同じ。
〘仏〙
迷いをもつ衆生の生のこと。煩悩ぼんのうをもち、身口意の三業をなし、苦を得るので、惑道・業道・苦道とする。三種類の生存があるのではなく、三道で一つの生存をさす。輪廻りんねの三道。
三悪道。
真理を理解して、聖者の位にはいる見道、修練を積む修道、もはや学ぶことのない完成された境地である無学道。
中古、大学の学問の三つの分野。明経・明法・算道。
能を作るにあたっての三つの大切な条件、すなわち種(素材)・作(構成)・書(文を案じて書くこと)。世阿弥の用語。また、世阿弥の「能作書」の別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三道
さんどう

世阿弥(ぜあみ)の能楽論書。1423年(応永30)、次男の観世元能(もとよし)に与えたもの。『能作書』ともよばれるとおり、能の作品の作り方について詳述した伝書。三道、つまり種(しゅ)(素材)、作(さく)(構成)、書(しょ)(作詞)を能作の出発点と説き、三体(老体・女体(にょたい)・軍体)の基本のジャンルから鬼に至る能の書き方、演者に当てはめた能の作り方、開聞(かいもん)・開眼(かいげん)(山場)の設定の仕方が語られている。新作の規範とすべき能の曲名があげられ、演技においても能作においても、幽玄という美意識を貫くべきことを結論としている。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三道の関連キーワード鈴木正三(すずきしょうぞう)ハンサン(閑山)島世阿弥十六部集ヨス(麗水)市武田 範之曲直瀬道三川合清丸四道将軍高野物狂西域物語鎌倉街道増田正造昌谷精渓崇神天皇江戸開城恋重荷鄭道伝平直方平準署池雲英

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三道の関連情報