四座一流(読み)しざいちりゅう

大辞林 第三版の解説

しざいちりゅう【四座一流】

江戸時代、能楽各流派の総称。観世・金春こんぱる・宝生ほうしよう・金剛の四座に新興の喜多流を加えた名称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しざ‐いちりゅう ‥イチリウ【四座一流】

〘名〙 楽のシテ方で、観世・宝生・金春・金剛の四座に、喜多流を入れた名称。江戸幕府は、近世初頭に取り立てた喜多流を一流とし、四座と区別して、合わせて称したもの。よざいちりゅう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の四座一流の言及

【能】より

…江戸時代になると,大和猿楽の4座は江戸幕府の直接支配下に入り,その典礼の能を勤めることが第一の任務となった。なお,このころ喜多(きた)七大夫が一流(喜多流)の創立を許され,併せて〈四座一流〉と称された。また座の制度のほかに,シテ方ワキ方など専門別の役籍が定められ,各役籍に数個の流派が確立した。…

※「四座一流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android