コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四座一流 しざいちりゅう

大辞林 第三版の解説

しざいちりゅう【四座一流】

江戸時代、能楽各流派の総称。観世・金春こんぱる・宝生ほうしよう・金剛の四座に新興の喜多流を加えた名称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の四座一流の言及

【能】より

…江戸時代になると,大和猿楽の4座は江戸幕府の直接支配下に入り,その典礼の能を勤めることが第一の任務となった。なお,このころ喜多(きた)七大夫が一流(喜多流)の創立を許され,併せて〈四座一流〉と称された。また座の制度のほかに,シテ方ワキ方など専門別の役籍が定められ,各役籍に数個の流派が確立した。…

※「四座一流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

四座一流の関連キーワード喜多長能大和猿楽観世身愛観世清尚江戸時代喜多流能太夫観世流観世四座五流式能

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android