宝生(読み)ホウショウ

  • ほうしょう ホウシャウ
  • ほうしょう〔ホウシヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

[1]
※申楽談儀(1430)猿楽の諸座「やまとたけだのざ、であいのざ、はうしゃうのざと、うち入うち入有」
※随筆・独寝(1724頃)上一九「能は宝生の流れを学びて、男ぶりよく」
能楽師の姓の一つ。→宝生流

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

宝生の関連情報