宝生(読み)ほうしょう

精選版 日本国語大辞典「宝生」の解説

ほうしょう ホウシャウ【宝生】

[1]
※申楽談儀(1430)猿楽の諸座「やまとたけだのざ、であいのざ、はうしゃうのざと、うち入うち入有」
※随筆・独寝(1724頃)上一九「能は宝生の流れを学びて、男ぶりよく」

ほうしょう ホウシャウ【宝生】

能楽師の一つ。→宝生流

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android