四悉檀(読み)ししつだん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「悉檀」はsiddhānta の音訳。成就、理などと訳す) 仏語。仏が衆生を導いて悟りに至らせるために示した教えを四種に整理したもの。世界悉檀・各々為人悉檀・対治悉檀・第一義悉檀の総称。
※今昔(1120頃か)四「我が有学なる事は四悉檀の益の為也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android