コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有学 うがくśaikṣa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有学
うがく
śaikṣa

仏教用語。部派仏教では,まだ修学すべき境涯の段階を,預流果 (よるか) ,一来果,不還果,阿羅漢果の四果 (4つの境地) に分けているが,そのうち前の三果は,最高の境地ではなく,まだ未熟で学ばなければならない余地があるので,有学と呼んでいる。迷いを完全に断ち切り学ぶべき余地もなくなった境地 (阿羅漢果) を無学というのに対する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

う‐がく【有学】

仏語。仏教の真理を知ってはいても、まだ迷いを完全に断ち切っておらず、学ぶ余地のある者。小乗仏教の四果のうち、最後の阿羅漢果にまだ達していない者。⇔無学

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うがく【有学】

〘仏〙 〔学ぶべきことを有する者、の意〕 小乗仏教で、真理を認識して聖者の位に達しつつも、まだ煩悩ぼんのうを消し去っておらず、修行を要する者。四果のうち阿羅漢果を得ていない者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

有学の関連情報