コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四愛図(読み)しあいず

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四愛図
しあいず

東洋画の画題。東晋(とうしん)の陶淵明(とうえんめい)の愛菊、北宋(ほくそう)の周敦頤(しゅうとんい)(茂叔(もしゅく))の愛蓮(れん)、林逋(りんぽ)の愛梅、黄庭堅(こうていけん)(山谷)の愛蘭(らん)の故事を描いたもので、わが国では室町時代になってから障壁画に描かれるようになり、京都の聚光院(じゅこういん)、愛知県犬山市にある如庵(じょあん)(もと京都建仁寺正伝院にあった茶室)などに桃山時代の遺作がある。なお、故事を主題にせず、菊、蓮(はす)、梅、蘭を一図に描いたものをさすこともある。[永井信一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android