四愛図(読み)しあいず

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四愛図
しあいず

東洋画の画題。東晋(とうしん)の陶淵明(とうえんめい)の愛菊、北宋(ほくそう)の周敦頤(しゅうとんい)(茂叔(もしゅく))の愛蓮(れん)、林逋(りんぽ)の愛梅、黄庭堅(こうていけん)(山谷)の愛蘭(らん)の故事を描いたもので、わが国では室町時代になってから障壁画に描かれるようになり、京都の聚光院(じゅこういん)、愛知県犬山市にある如庵(じょあん)(もと京都建仁寺正伝院にあった茶室)などに桃山時代の遺作がある。なお、故事を主題にせず、菊、蓮(はす)、梅、蘭を一図に描いたものをさすこともある。[永井信一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android