コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周敦頤 しゅうとんいZhou Dun-yi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

周敦頤
しゅうとんい
Zhou Dun-yi

[生]天禧1(1017).舂陵
[没]煕寧6(1073).6.7.
中国,北宋の儒学者。道州営道県 (湖南省) の人。字は茂叔。濂渓先生と称された。程 顥 (ていこう) ,程頤 (ていい) 兄弟が少年の頃彼について学んだため,二程子の師とされ,それゆえ道学の創立者とされてきた。著書に『太極図説』と『通書』があるが,前者は「太極」と「無極」の相即を説き,またその動静によって生じた陰陽・五行の錯綜による万物生成を説くことから,天地の生成,構造の最も明解なプログラムとして朱子に顕彰された。また『通書』は,『易』や『中庸』をもとにして「誠」の思想を説いているが,特に人は学問によって聖人となりうるものであるとしたところに意義がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐とんい〔シウ‐〕【周敦頤】

[1017~1073]中国、北宋思想家。営道(湖南省)の人。字(あざな)は茂叔。号、濂渓(れんけい)。「太極図説」を著し、朱子学に影響を与えた。また「通書」で、道徳的価値の究極としての誠を強調。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

周敦頤【しゅうとんい】

中国,北宋の儒学者。号は濂渓(れんけい)。湖南省の人。門下から程【こう】(明道)・程頤(伊川)の兄弟が出ているが,宋学の創始者とあがめられるのは死後,朱熹(朱子)の顕彰による。
→関連項目儒教朱子学宋学陸九淵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうとんい【周敦頤 Zhōu Dūn yí】

1017‐73
中国,北宋時代の哲学者。湖南省の人。字は茂叔。その号濂渓(れんけい)は,彼が廬山蓮花峰(れんげほう)のふもとにかまえた濂渓書堂にちなむ。官僚としての経歴には目立ったところはないが,朱熹(しゆき)の顕彰により,道学(朱子学)の第一走者として崇敬され,《宋史》道学伝の筆頭に伝記を立てられた。著書に《通書》と《太極図説》がある。前者で説かれる〈人は学ぶことによって聖人になりうる〉という主張は,のちの朱子学と陽明学バックボーンとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうとんい【周敦頤】

1017~1073) 中国、北宋の学者。字あざなは茂叔。濂渓れんけい先生と呼ばれた。仏教や道教を取り入れた儒教の宇宙論を作り、宋学(性理学)の祖といわれる。著「太極図説」「通書」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

周敦頤
しゅうとんい
(1017―1073)

中国、北宋(ほくそう)の思想家。字(あざな)は茂叔(もしゅく)、道州営道(湖南省道県)の人。濂渓(れんけい)の上(ほとり)に生まれ、晩年、廬山(ろざん)の麓(ふもと)に濂渓書堂を築き、よって濂渓先生と称せられた。生涯、地方官として各地を転々とし、任地では徳望があって一部の識者にその人格の高潔さをたたえられはしたが、当時はほとんど無名に近かった。彼が孟軻(もうか)(孟子)以来の絶学を伝えた者として思想界に重んじられるのは、朱熹(しゅき)(朱子)の表彰による。著作には『太極図(たいきょくず)』『太極図説』『通書』などがあり、のちに編纂(へんさん)された『周子全書』に収める。その学説は『易(えき)』と『中庸(ちゅうよう)』とを根拠にして道家・道教の思想を取り込んでいるが、「無極而(にして)太極」説をはじめ主静説、誠説、聖人可学説など、宋学の根幹にかかわる問題を多々含んでいた。[大島 晃]
『荻原擴著『周濂渓の哲学』(1935・藤井書店) ▽西晋一郎・小糸夏次郎訳注『太極図説・通書/西銘・正蒙』(1938・岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の周敦頤の言及

【宋】より

…強烈な個性の持主であった彼らは,既存のあらゆる権威を否定し,経書そのものに没入してその真の精神を体得し,それを現在に生かそうとする理想に燃えていた。范仲淹,欧陽修らはそれを学問的に体系づけるまでにはいたらなかったが,これをうけた周敦頤(しゆうとんい)は,宇宙の生成過程を図式化して説明を加えた《太極図説》を著して,新儒学の青写真を示した。その学説は張載,程顥(ていこう),程頤(ていい)に受け継がれ,南宋の朱熹(子)にいたって大成された。…

【太極】より

…その出典は《易》繫辞伝(けいじでん)の〈易に太極あり,これ両儀を生じ,両儀 四象を生じ,四象 八卦(はつか)を生ず〉である。北宋の周敦頤(しゆうとんい)はこれにもとづいて《太極図説》を著し,〇で象徴される太極から万物が生み出される過程を図式化した。太極はそこでは原初の混沌たる一気を意味したが,南宋の朱熹(しゆき)はこれを〈〉とは別の範疇(はんちゆう)である〈〉と解釈しなおし,しかも万物に内在する個別的な理(各具太極)を統(す)べる窮極的存在(統体太極)とみなした。…

※「周敦頤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

周敦頤の関連キーワード濂洛関閩の学伊洛淵源録花の君子太極書院光風霽月隠逸花四愛図周濂渓近思録宇宙論性理学二程子正蒙种放仏教理学道教道統程顥陳摶

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android