コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林逋 りんぽ Lin Bu

3件 の用語解説(林逋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

林逋
りんぽ
Lin Bu

[生]乾徳5(967)
[没]天聖6(1028)
中国,北宋の詩人。銭塘 (浙江省杭州) の人。字,君復。諡は和靖先生で,林和靖 (りんなせい) と呼ばれることが多い。西湖の孤山の廬で,鶴と梅とを愛して一生を隠遁して終った。西湖の風景や梅を詠んだ詩が多く,平静淡泊な詩風で,宋詩が西崑派から離れる先駆ともなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りんぽ【林逋】

967~1028) 中国、北宋の詩人。諡号しごう、和靖。西湖中の孤山に隠棲し、梅を妻とし鶴を子として過ごした。西湖の美しい自然を詠じた。著「林和靖先生詩集」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

林逋
りんほ
(967―1028)

中国、北宋(ほくそう)の隠遁(いんとん)詩人。字(あざな)は君復。杭(こう)州(浙江(せっこう)省)の人。死後に追贈された和靖(わせい)の諡(おくりな)で知られる。西湖中の孤山に隠棲(いんせい)し、20年間、市街に足を入れず、一生を独身で通し、鶴(つる)を飼い、梅を賞して過ごした。詩にも好んで梅を詠じて、「疎影横斜して水清浅、暗香浮動して月黄昏(こうこん)」(梅花)のような名句があり、梅花は彼によって新しい文学的生命を吹き込まれた。その詩には晩唐の艶麗(えんれい)繊細の影響が残るが、宋詩の平静淡白の先駆となった。『宋林和靖先生詩集』六巻がある。わが国でも江戸時代から広く愛好され、1686年(貞享3)刊の和刻本がある。[入谷仙介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の林逋の言及

【杭州】より

…また唐代の白居易(楽天),北宋の蘇軾(そしよく)(東坡)のように著名な文人知事によって西湖の灌漑水利,運河の整備などがすすめられた。彼らはまた鶴と梅を友とする高逸の詩人として日本にも知られる林逋(りんぽ)(和靖)(967‐1028)らとともに杭州と西湖を詩に詠み,人々の口に伝えられた。1127年(建炎1)女真族の金に国都開封を追われた宋の支配階級は高宗趙構をいただき江南に逃れ,建康(現,南京)か杭州か紆余曲折の末,1138年(紹興8)ここを行在所と定めた。…

※「林逋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

林逋の関連キーワードエヌ乾徳坤徳没・歿勃・歿・没三角数n-6脂肪酸福井県福井市乾徳Diaz de la Peña,N.《神天聖書》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

林逋の関連情報