四摂(読み)ししょう

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐しょう ‥セフ【四摂】

仏語。
[1] 菩薩が衆生を悟りに導く際の四つの方法。布施(教えやものを施すこと)、愛語(やさしい言葉をかけてやること)、利行(りぎょう)(=他人の利益になることをすること)、同事(共に同じ仕事にあたること)の四つ。四摂法。
※法華義疏(7C前)二「亦譬如来有四摂四等六度。覆救六道受若衆生」 〔仁王護国経‐上〕
[2] 密教でいう四摂菩薩のこと。金剛界三十七尊のうち、金剛・金剛索・金剛鎖・金剛鈴の四菩薩をいう。
※性霊集‐六(835頃)弘仁太上為故中務卿伊与親王修功徳願文「竝金銀泥画四大忿怒王像四躯、四摂八供養八大天王像等

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四摂の関連情報