コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四日市ぜんそく

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

四日市ぜんそく

水俣病、新潟水俣病イタイイタイ病とともに「四大公害病」と呼ばれる。コンビナート企業が出す硫黄酸化物やばい煙による大気汚染が原因で、1960年代にぜんそく患者が出始めた。四日市市によると、認定患者数は76年3月時点の1140人が最多、計2216人が認定された。今年6月末時点では429人。

(2012-07-23 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

四日市ぜんそくの関連キーワード大気汚染による健康障害石原産業

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四日市ぜんそくの関連情報