コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四納言 シナゴン

大辞林 第三版の解説

しなごん【四納言】

一条天皇の時代に、賢才として知られた四人の納言。権大納言藤原公任・権中納言藤原斉信なりのぶ・権中納言源俊賢・権中納言藤原行成をいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の四納言の言及

【藤原行成】より

…1001年(長保3)参議,以後中納言を経て権大納言に昇る。故実に精通し,執務ぶりはきわめて励精で,後世藤原公任,同斉信,源俊賢とともに四納言と称せられる。仏教信仰も深く,保光より伝領した桃園第を寺とした(世尊寺)。…

※「四納言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報