四納言(読み)シナゴン

精選版 日本国語大辞典の解説

平安時代中期、一条天皇の時代に、秀才として特に知られていた四人の納言、すなわち、権大納言藤原公任(きんとう)、権中納言藤原斉信(なりのぶ)、権中納言源俊賢(としかた)、権中納言藤原行成(ゆきなり)をいう。
※愚管抄(1220)七「一条院の四納言のころこそはいみじき事にて侍めれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の四納言の言及

【藤原行成】より

…1001年(長保3)参議,以後中納言を経て権大納言に昇る。故実に精通し,執務ぶりはきわめて励精で,後世藤原公任,同斉信,源俊賢とともに四納言と称せられる。仏教信仰も深く,保光より伝領した桃園第を寺とした(世尊寺)。…

※「四納言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android