コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四肢末梢優位 シシマッショウユウイ

1件 の用語解説(四肢末梢優位の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ししまっしょう‐ゆうい〔シシマツセウイウヰ〕【四肢末×梢優位】

神経の障害などの症状が、主に手足の末端付近に強く表れ、胴体部位に近づくにつれて弱くなっている状態。広範囲末梢神経が侵された場合などに生じる感覚障害の表れ方で、左右対称性を伴うことが多い。触覚・痛覚・温度覚などの異常や、痙攣(けいれん)・筋萎縮(きんいしゅく)・麻痺(まひ)など運動機能の低下・喪失が四肢の末端部位に強く生じる。感染症糖尿病薬物使用などのほか、水銀など有毒物質による人体汚染が発症起因となる。水銀汚染による水俣病患者認定における症状の一つとされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四肢末梢優位の関連キーワード神経炎神経終末終板神経毒知覚神経解離性感覚脱失ガス障害多発神経炎コリン作動性神経 (cholinergic nerve)アセチルコリン (acetylcholine(ACh))

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone