コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四肢末梢優位 シシマッショウユウイ

デジタル大辞泉の解説

ししまっしょう‐ゆうい〔シシマツセウイウヰ〕【四肢末×梢優位】

神経の障害などの症状が、主に手足の末端付近に強く表れ、胴体部位に近づくにつれて弱くなっている状態。広範囲で末梢神経が侵された場合などに生じる感覚障害の表れ方で、左右対称性を伴うことが多い。触覚痛覚・温度覚などの異常や、痙攣(けいれん)・筋萎縮(きんいしゅく)・麻痺(まひ)など運動機能の低下・喪失が四肢の末端部位に強く生じる。感染症糖尿病、薬物使用などのほか、水銀など有毒物質による人体汚染が発症起因となる。水銀汚染による水俣病患者認定における症状の一つとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

四肢末梢優位の関連キーワード水俣病の認定問題水俣病未認定問題神経炎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android