コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四谷穂峰 よつや すいほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

四谷穂峰 よつや-すいほう

1831-1906 幕末-明治時代の漢学者。
天保(てんぽう)2年生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)延岡(のべおか)藩士。江戸で塩谷宕陰(しおのや-とういん),のち森田節斎にまなぶ。万延元年藩主世子内藤政挙(まさたか)の侍読となる。維新後は太政官歴史課編修官,元老院書記官となり,帝国大学,華族女学校の講師をつとめた。明治39年1月14日死去。76歳。名は恒之。字(あざな)は子固。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

四谷穂峰の関連キーワード明治時代漢学者

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android