四鏡(読み)シカガミ

とっさの日本語便利帳の解説

四鏡

日本の四大歴史書。▽『大鏡』、『今鏡』、『水鏡』、『増鏡』

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

しきょう【四鏡】

「大鏡」「今鏡」「水鏡」「増鏡」の四つの歴史物語の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の四鏡の言及

【増鏡】より

…著者は二条良基が有力視されるが,確証はない。《大鏡》《今鏡》《水鏡》とならぶ〈四鏡〉最後の作品。《今鏡》のあとをうけて,後鳥羽院誕生の1180年(治承4)から,隠岐に流されていた後醍醐天皇が京都に帰還する1333年(元弘3)までの150年間を編年体で記す。…

※「四鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android